2012年03月06日

ティー・ヴイ・フーズの社風

ティー・ヴイ・フーズって比較的社風が自由で、子供がまだ小さい家庭がいるような家でも、安心して続けられる会社のようだ。

例えば、子供が急な熱が出て対応しなくてはいけなくなった時、午後休を取らせてくれたりするらしい。外資では社内サービスが日本より発達しているけれど日本の中小企業ではなかなか社風が自由な会社は少ないと思う。
その点、ティー・ヴイ・フーズは比較的自由な会社だから居心地がよさそうな会社なのかもしれない。
また、会社の面接は通常3回はあるようだけど、もし気に入ってくれたなら1度で合格した例があるようだ。もちろん学歴などは気にせず、本人のやる気と気合いがあれば合格させてくれるようで主にティー・ヴイ・フーズの仕事は自販機を売る仕事で中心は営業とルート営業が中心だと思う。
営業はやはりやる気と根気が一番だろうから、そこは納得出来る。でも面接の時SPIのテストを受けさせるようで多少はテストの結果が左右される場合もある。
とりあえず、ティー・ヴイ・フーズの面接ではそんな事も気にせず、(どこの会社もそうだけど)元気をアピールすることが大切なのではないだろうか?

でも今の時代、面接も厳しくなってきているのが現実だと思うから、面接はもちろん、面接時に持っていく書類とか服装など一段と気を付けて挑みたいものである。
posted by ティーヴイ at 14:35| Comment(0) | ティー・ヴイ・フーズ | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

ティー・ヴイ・フーズの海外進出

ティー・ヴイ・フーズって都内にはないけれど、少しづつ支店を増やしていっていてソウルにも支店があるらしい。

大きい会社ばかりが目立ってしまうけど中小の会社で頑張っている会社も多い。その中でもティー・ヴイ・フーズは頑張っている会社だと思う。
自販機を中心に飲料水やお菓子、パンを全国規模で売っている会社だけど、自販機でここまで伸ばして会社もすごいだろう。
ティー・ヴイ・フーズという会社は頑張っているんだと思う。

それにソウルにだって自販機の会社はいっぱいあるけれどティー・ヴイ・フーズが行けたのはやはり信頼と実績があるからだと思う。
今韓国や中国は経済発展が著しいし、ソウルに支店を出したティー・ヴイ・フーズは正解なのではないのかな?と思う。
日本は震災の影響でやっぱり今は経済が厳しいし、世界に進出していくということは今後は必要なことだと思う。
ティー・ヴイ・フーズもそのような会社で、中小ながらに着々と会社の機軸を伸ばして行っている会社で、いい会社なんだろうなと思う。
このような中小企業が今後も頑張って伸びていけば、日本の経済も少しは安定するのかもしれない。
posted by ティーヴイ at 11:23| Comment(1) | ティー・ヴイ・フーズ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。